クリスティーナ・デ・レラ イラスト原画「フリーダ・カーロ」

額size : 22.5 × 31.5cm
画材:色鉛筆
紙 : A5サイズ、Strathmore Bristol smooth 270gr/

*こちらの作品は額装込みでお届けいたします。
*1点ものの作品です。返品などはお受けしておりませんので予めご了承ください。
*お届けには送料(1,100円)が別途加算されます。


GIRL POWER! -You can do it
BY CRISTINA DE LERA

クリスティーナ・デ・レラは、スペイン・バルセロナ出身で、現在はニューヨークを拠点に活躍するイラストレーター。ユーモラスなキャラクターやかわいらしい花、繊細なデコレーションあふれる明るい色彩のイラストは、大人から子どもまで親しみやすい作風で活躍の場を広げています。

今回の個展では、女性たちにスポットをあて、アーティスト、科学者、アスリート、女優、歌手、活動家など、多岐にわたる分野で活躍する女性たち25人の功績をポートレート作品として描き下ろしました。

あなたにインスピレーションを与える女性は誰ですか?クリスティーナの描いたポートレート作品を見ながら、自分にとって「GIRL POWER」を与えてくれる女性をどうぞ思い浮かべてみてください。

_______

Frida Kahlo
フリーダ・カーロ
1907〜1954
メキシコ人の画家

フルネームはマグダレナ・カルメン・フリーダ・カーロ・イ・カルデロン。 1907 年にメキシコシティ近郊のコヨアカンで生まれました。カーロは、ハンガリー系ドイツ人の父と、スペインとネイティブ アメリカンのルーツを持つメキシコ人の母のもとに生まれました。 この二重性は、後に彼女のアートに大きな影響を与えます。
1925年、カーロはバス事故に巻き込まれ、生涯で 30回以上の医療手術を受けなければならないほどの重傷を負いました。 時間のかかる回復までのあいだに、カーロは独学で絵を描くことを学び、シュルレアリスム派の画家になります。
そして彼女は、オアハカ地域のテワンテペク地峡出身のサポテック族の女性の伝統的な「テワナ・ドレス」を着はじめました。 このテワンテペクは、主に家父長制がとられるメキシコ内で、母系社会と見なされていたからです。
販売価格 22,000円(税込)
在庫数 1
購入数


Top